うれしいエピソード作文

毎年感じることがですが、この季節どこを見ても桜が満開。

自然と気持ちが浮き立ちます。

 

個人的にうれしいことがありました。

 

小中学生希望者で1泊2日の合宿が自治体主催で行われるのですが、

私が参加する小さなボランティアグループが

毎年キャンプファイヤーと打ち上げ花火を担当しています。

 

昨年は夏から11月へ延期となりましたが無事開催されました。

 

その時の様子を同じようにボランティアで参加していた高校生が

「とっとりの"地域の絆""人々のつながり"エピーソード(作文)」に応募し、

知事賞(中学生・高校生の部)を受賞しました。

 

地方紙に掲載・公開されていましたので、一部のご紹介です。

 

・・・この行事の目玉は夜に打ち上げる、ボランティアの方々の花火です。

今年も、きれいで大きな花火に子どもたちも大きな歓声と拍手でした。

その花火の後に、大人の方々が話しておられる言葉が聞こえてきました。

あるおじさんが「今年は、コロナウィルスでどうなるかと思ったけれど、子供達の笑顔が見れてよかった。ありがとう。」とおっしゃったのです。

お礼を言わないといけないのは私たちなのに・・・と思いつつ、おじさんの心の温かさを感じました。・・・

 

この後もうれしい言葉が続いています。

 

ようし、今年も張り切るぞっと!

 

 

パソコンの困りごとすっきり解決します

ご予約・教室内容問合せ専用

参加している活動