学びを諦めないために

瀬戸内の風景を少しだけノスタルジックにしてみました。

 

今日は硬めの話です。

 

新型コロナウィルスが色々なことに影響を与えていますが、

その中の一つに生活困窮世帯における通信環境の問題があります。

 

「公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン」から次の調査報告がありました。

子どもの4人に1人が自由にインターネットを利用できる環境にない

子どもの約2人に1人が自由に使用できるPCやタブレット端末を保有していない

 

教室では、チャンス・フォー・チルドレンが行った、

自宅の通信環境が十分でない子どもたちへの通信環境整備

タブレット端末・Wi-Fiルーターの無償貸与

への支援を行うため、緊急に寄付を行いました。

 

みなさんの毎月の会費の中から寄付をさせていただきました。

ありがとうございます。

 

新型コロナウィルスの発生で、多くの子どもが経済的な影響を受けています。

感染拡大の長期化により子どもが経済的な困難な状況に陥ることが心配されます。

 

今年も、教室オープン以来続けているみなさんの会費からの寄付を毎月行い、

その他にも今回のような緊急時の寄付も行いますので、

またご報告させていただきますね。

 

子どもたちが学びを諦めることのないよう、

教室でもできる範囲で支援を続けていきます。

 

「不要になった本をご寄付ください」を例年通り3月まで行いますが、

また後日書かせていただきます。

 

 

ご予約・教室内容問合せ専用

参加している活動