ひとりだけの映画館

まつだです。

 

先日映画を観に行きましたが、平日だったせいか私ひとり。

 

チャーンス!と、色々な席に座ってみました。

 

一番前、迫力があります。

一番後、全体が見渡せます。

 

一番良かったのが、ど真ん中。

スクリーンとの距離も当然映像も音も左右のバランスが良かった。

やっぱりど真ん中がベスポジなんだと実感しました。

 

映画は「ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち」

 

株の取引はミリ秒単位で僅かでも早ければ莫大な利益(年間500億円以上)が発生するため、アメリカの1600kmの距離にひたすら真っすぐ光ケーブルを敷くプロジェクトを思いついた、という実話を元にしたドラマです。

 

ケーブルを敷く間の困難が凄いです。

資金の調達、1万軒の土地の買収、大企業の妨害、ここには書けないけど、これ以上の問題が次々と・・・

 

まぁ、これでもかというぐらいの「艱難辛苦」を乗り越えてラストに突入。

 

明るい話でもないけれど暗い展開でもなく、またちょいとコンピュータ用語や速度の単位も出てきますが、わからなくても十分理解できます。

 

ラストは自分自身のことも自然と思いを巡らせるような余韻。

 

たったひとりの映画鑑賞でした。

 

12月の最終開講日は12/28(土)

スマホ教室PCグループ講習は12/20(金)が最終日です。

 

1月は4日(土)が新年の教室初めです。

 

 

パソコンの困りごとすっきり解決します

参加している活動