スマホを拾われて他人に買い物をされない設定

まつだです。

 

少し古い写真ですが、秋、私の好きな風景です。

稲刈りも進んできましたが、もう少しするとこの稲穂ロールの景色が広がりますね。

 

教室でもキャッシュレス決済の話題が多くなってきました。

 

昨日受講の方から「スマホ決済は怖くないって昨日テレビで言ってました。

なんかスマホに設定したらいいって。

そのあたりのことも今度のキャッシュレス講座で教えて下さい。」

というリクエストですが、もちろんやりますよ。

 

先日のNHKTV取材時のセミナーでも「どうですか?キャッシュレス決済のイメージは?便利とか怖いとか」という私の問いかけに、参加者のみなさんが「怖い怖い怖い怖い」という反応で、TVでもばっちり放送されていました。

 

スマホ決済はスマホそのものにセキュリティを設定する必要があります。

万が一、不正に利用され被害にあった場合は補償を受けることができますが、被害に合わないことが一番ですね。

 

単純な被害としては、スマホを落として(紛失)他人に使われるパターンが考えられます。

その場合も、スマホ本体にセキュリティロックがかかっていれば、スマホを使われる事がありません。

 

具体的には、ロックを解除するときに、PIN・パターン・パスワードの入力、指紋認証・顔認証などをしないと解除できない(スマホが使えない)ようにします。

 

おひとりおひとり持っているスマホでできることが違いますし、好みもありますので「キャッシュレス決済 実践編」では、そのあたりも行います。

 

また、ロック解除は慣れればクセになり何気なくできるのですが、ロック解除の度のセキュリティは面倒であればご相談ください。

 

例えばご自宅など、安全だと思う場所ではセキュリティ解除しない設定もあります。

 

Pay以外でも電話帳など外部にもれると問題になる内容がスマホにはありますので、ぜひセキュリティロックを設定することをおすすめします。

 

 

パソコンの困りごとすっきり解決します

参加している活動