今日想うこと

まつだです。


クリント・イーストウッド監督主演映画「運び屋」を見ました。

 

麻薬の運び屋をする90才の孤独な老人の姿を描いたドラマですが、自分のこれまでのこと、これからのことを自然と考えるきっかけとなる、じわじわと感慨深い映画でした。

終盤は泣いちゃった。

 

「お金がいくらあっても時間だけは買い戻せなかった…」

「誰かの命令に縛られることなく、やりたいことをやりたいようにやればいい」

 

観終わって抹茶アイスを食べながらメモりました。

3月11日の今日、見ることができてよかった。

 

夜になっても余韻が残っています。